Nintendo Laboの感想と、VRの未来を考える

 昨日の夜にいきなり新しい遊びを発表するとの任天堂のつぶやきが流れてきて、1-2-Switchとか、Wii Sportsとかの流れの新作を出してくるんかなぁと思ったら、出てきたものは流れはあっていたものの方向性が斜め上でした。

 

 Nintendo Laboの動画を最初に見たときは、なるほど上手いこと考えたなぁと思った。既存のハードでこういう遊びを展開しようと考えても、どうしてもコントローラの機能に縛られてコントローラで出来ること以外は出来なくなる。だからといって周辺機器をつけると高価になる上に、販売や入手のハードルがぐんと上がる。

 そこでNintendo Laboでは周辺機器を段ボールで代用して、Joy-Conを合体させることで既存のコントローラではできない遊びを成立させた。Joy-Conの性能が高いからこそ出来る荒技だが、周辺機器導入のデメリットを解消しているのが素晴らしい。

 これまでの周辺機器では、任天堂が生産を終了したらもう手に入れることは無理になったが、段ボールなら他の企業でも楽に出せるし(著作権的な問題はあるけど)、最悪手近な段ボールに図面を写せば自作することも可能。

 Nintendo Laboが出てきたことで、Nintendo Switchは段ボールを利用する事で何処までも拡張出来ることが明らかになった。これはハードの可能性が格段に上がることを意味する。Nintendo Laboが成功するのかはわからないが、任天堂が大きな可能性を手にしたことだけは間違いないだろう。

 

 Nintendo LaboはVARIETY KITとROBOT KITが出るらしいけど、後者はWiiUで開発されてたけど中止になったProject Giant Robotを移植したものだろうなぁ。前にE3で紹介されてたものとはゲーム性に大幅な変化があるけど、デザインとかは名残がある。

 ROBOT KITの方はプレイヤーの見た目がそのままVRのそれなのが面白い。HMDみたいなのを付けてるし、出力装置はテレビだけども。 

 コントローラに関するNintendo Laboの回答は、まんまVRに関するコントローラの回答に近いような気がするなぁ。VRの場合はコントローラが見えないから、出来るだけシンプルで直感的なものが理想で、Nintendo Labはその正解に限りなく近い気がする。

 前から思ってはいたことだけど、VRの最良のコントローラはNintendo SwitchJoy-Conであるというのは、もう言っちゃっていいんじゃないかなぁ。Nintendo Laboみたいなのを出されて、直感的に遊べて、拡張性もあることが証明されてしまうと、もう太刀打ちできないでしょう。

 おそらくSONYは次のハード更新のタイミングで、Joy-Conを意識したコントローラを出してくるんじゃないかなぁ。VRはコントローラを視認できないから、直感的な方向に行かないと初心者お断りになってしまう。だから、既存のコントローラとは違う方向が求められるのは間違いないはず。

 

 それまでも出力装置を革新していこうとする大多数と、新しい入力装置を発明し続ける任天堂の様式は見えていたけれど、Nintendo Laboが出てきたことでますますその方向性が大きくなって来そうだなぁ。

 任天堂は「新しいあそび」をつくれるみたいなことも宣伝してるけど、プログラミングみたいなことも出来るんだろうか。それだと発展性が出てきて、可能性がさらに拡がっていくわけだけど。

 とりあえず任天堂は変わってないなぁというのがわかって嬉しい限り。反響を見る限りでは、Nintendo Laboはある程度は売れそうなので、次に続くといいなぁ。

Nintendo Switch で発売してほしいWiiUのゲームをあげてみる

 先日、Nintendo Direct Miniが配信されました。昨年は任天堂が誇る看板作品が続々と発売され、さすがにもう作品は残ってないんじゃないかと思ったら、やはり任天堂サードパーティ共に移植作品がメインの内容でした。

 カービィ新作やマリオテニス新作があるにしても、紹介された11作品中、5作品が移植作品*1。その中でも任天堂ゼルダ無双*2ドンキーコング トロピカルフリーズWiiUからNintendo Switchに移植。配信では出ませんでしたが、ベヨネッタ2も移植され、来月発売を予定しています。

 この3作品が移植されたということは、他にもWiiUからNintendo Switchに移植される作品があるかもということで、今回はNintendo Switchに移植して欲しいWiiU作品を書いてみたいと思います。

 

幻影異聞録#FE

 WiiUから移植して欲しい作品でまず筆頭に上がるのはこの作品でしょう。佳作として十分によく出来ていたにも関わらず、ハードの勢いが萎んでいた為にあまり話題に登ることもなかった作品。

 発売当時はペルソナ5の発売を来年に控えていたので、もしかしたらペルソナ5を喰ってしまうんじゃないのとマジで思ったものです。結果的にはペルソナ5が大傑作だったので、陰に隠れたままになった訳ですが、それくらいによく出来た作品であることは歴然とした事実。

 ペルソナ5が陰の作品であるなら、幻影異聞録#FEは徹底的に陽の作品で、明るくPOPな雰囲気が作品の全てを包み込んでいる。欠点も無くはないけれど、それでも評価されないのが勿体ない作品であることは間違いない。ペルソナ5が評価され、和ゲーの再評価が行われ始めているタイミングであるからこそ、出すべきだと思う。

 よく出来ているだけなら他の作品でもいいんだけど、この作品を推すのは結果が出ないとIPが死んじゃう可能性が高いのよ。続編が出る可能性がなくなっちゃうのよ。だから、出して欲しい、再チャンスを。いや、勿体ないって、本当に。

 それか、アトラスさんは次のペルソナのナンバリングチームにチームに幻影異聞録#FEの人たちを入れたげて。いい仕事するから、ハードはPS4でいいからさぁ。お願いします m(_ _)m

 

スーパーマリオ3Dワールド

 あまり話題にはならなかったけど、すごくよく出来ているゲームその2。スーパーマリオオデッセイが話題になっている今だからこそ出して欲しいなぁと思う。

 この作品はコースクリア型3Dマリオの一つの終着点だと思っていて、本当によく出来ている。いろんなコースがあって面白いし、いろんなキャラクターを使えて、遊びごたえも抜群。複数人プレイも可能で、面白い。

 この作品に関しては新作を期待したい部分があることも事実なんだけど、スーパーマリオオデッセイがヒットした今では期待薄だとも思ってる。次も箱庭マリオになる可能性は高いだろうし、ブランドを考えてもそっちの方がいい。ただ、新作を出すにしても時間が掛かるだろうし、こちらの移植を是非に是非に。

 しかし、東京制作部はいくつも3Dマリオのシリーズを抱えてて、どうにかして欲しい。スーパーマリオギャラクシーも、3Dワールドも、オデッセイもここなんだから。全部出すのは無理にしても、複数を制作できる体制に早くならんものかなぁ(無茶を言うな

 

 自分の中で思い入れが強くて、Nintendo Switchでも面白さが十分に再現できそうな作品から2作品を選んでみた。本当はもう1作品くらいだ出そうかと思ったんだけど、WiiUの作品は割と末期に3DSに移植されることが多くて、すでに移植された作品と2画面必須で移植が難しい作品を除くと、この2作品になった。

 たぶん他の人に聞いたらゼノブレイドクロスとかが出てくるだろうけど、今回は外しました。新作も出てるし、無理に入れる必要はは無いかなぁと。未完成だし、オープンワールド方面の新作もいずれ出るだろうし。

 こちらは当たり前すぎて入れなかったんだけど、これだけWiiU移植が出てきたことでスマブラWiiUの移植が出てくる可能性は高まったよなぁ。完全新作が出てくる可能性は絶対では無いと思ってるので、出てくれると嬉しいなぁ。

 移植とはちょっと違うけど、スーパーマリオメーカーであれだけコースが量産されたんだから、それを利用したソフトとかを出して欲しいなぁと思ったりもする。

 

 ここに出したのは2本だけですけど、WiiUはすでに生産終了して、近年発売されたハードではダントツで手に入りにくい状態になってるので、救える作品は出来るだけ救って欲しいもんです。2画面必須の作品とかは難しいだろうけど、なんとかなりそうな作品は特に。 よろしくお願いいたします。

*1:正確にはリメイクと表現した方がいい作品もありますが、ここではまとめて移植作品として扱っています。悪しからず。

*2:ゼルダ無双コーエーテクモも絡むので微妙なところはあるかもしれない。

年始の挨拶と今年のプレイ予定

 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。今年もマイペースに更新していきますので、適度にお付き合いください。

 

 挨拶記事だけでは何なので、今年プレイ予定のゲーム一覧を載せておきます。

 予定はあくまで予定で、遊ぶかも感想を載せるかも不明です。気分次第。

 未発表と書いた作品はすでに他のハードで発売されてるが、そのハードでの発売が発表されてない作品です。

 

1/18(木) マリオ+ラビッツ キングダムバトル(Nintendo Switch)

2/8(木) ワンダと巨像(PS4)

冬 キャサリン・フルボディ(PS4)

未定 project OCTOPATH TRAVELER(Nintendo Switch)

未定 ペルソナQ2(Nintendo 3DS)

未定 ファイアーエムブレム完全新作(Nintendo Switch)

未発表 PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PS4)

未発表 Cuphead(Nintendo Switch)

発売済 ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて(PS4)

 

 並べた中で、間違いなくプレイするのはproject OCTOPATH TRAVELERとペルソナQ2。どちらも前作が面白かったので非常に楽しみ。

 こうやって見ると年の前半は不作になりそうだけど、どうなるだろう。おそらく1月に行われるニンテンドーダイレクト次第かなぁ。

 記載した以外だと、これまでやってないPS4のゲームをやっていきたい。特に洋ゲーを何か一本クリアしたいとは思ってるんだが、未だ出来てないのでなんとかしたい。

 あとはインディーズもCupheadだけじゃなく、遊んでいければいいなぁ。

 

 今年もそんな感じで、ゲームに限らず、ゆるゆると更新していきますので、改めて宜しくお願い申し上げます。

年末なので挨拶と報告と来年の展望と何か

 どこまで読んでくださっている方がいるのか、いないのかはわかりませんが、2月に書き始めたこのブログですが、めでたく年を越すことが出来そうです。アクセス数も15,000を超えており、どこの誰がどの記事を読んでるんだと思うことしきりです。ありがとうございます。

 

 そこでお知らせなのですが、私は今年を持って、任天堂のファンを辞めようと思います。今年もいろいろ楽しいゲームを遊ばせていただきました。ゼルダスプラトゥーン2、マリオ、ゼノブレイド2 。どれも絶品でしたが、これでひとまず終了として、これからは一ユーザー、一ゲーマーとして楽しみたいと思います。

 だから何だと言われれば、なんでもないのですが、なんか書いとくべきだなぁと思ったので、書きます。何が変わる訳ではないですが、任天堂の話を取り上げる頻度は若干落ちると思います*1。ゲームも普通に買うつもりですし、別にアンチになる訳でもありません。

 理由はまぁ、Nintendo Switchも大成功したし、軌道に乗ってきたし、来年は(私の)狙い目のゲームが無さそうだし、そろそろ財布がヤバいし、辞めてもいいかなぁと思ったとか、そんなところです。

 別に宣言することじゃねーだろと言われればその通りなんですけどね。自分の厄介な性格みたいなもんなんで、御容赦ください。

 

 そんなわけで、任天堂の今年のまとめと来年の展望記事は無しです。今年のまとめは途中まで書いたけど、今までの内容とほぼ同じだから没にしたとか、そんなことでは無いんだからねっ。

 来年の展望はなるようになるんじゃないでしょうか。任天堂から大作が出ることはほぼ無いので、来年に向けての綱渡りと、サードパーティの信頼をどれだけ獲得できるかの鍵になる1年になりそう。国内サードパーティは再来年くらいにはPS4Nintendo Switchのマルチがデフォになるのはほぼ確実でしょうし、国内外で本体を売って、どれだけ地ならしができるかでしょうか。

 ソフトは、カービィヨッシーメトロイドプライム4、ベヨネッタ3、FE新作あたりが確定ですが、追加はあるのかなぁ。ありそうな追加はポケモンスマブラどうぶつの森あたりでしょうけど、本当に出そうなのはどうぶつの森だけかなぁ。

 ポケモンは開発が宣言されてたけど、3DSからNintendo Switchへ変わるので、映像をリッチにしなきゃいけない上に、操作性も変わる。シリーズをリセットしてゼロから立て直すならともかく、継続するなら、すべてのポケモンの作り直しは必須だし、技の数も腐るほどあるわけで。そこを考えると来年の発売は厳しいんじゃないかと思ったりする。

 スマブラもなぁ。今年に発売も、発表もなかったということは、マリオカート8デラックスみたいに、ちょっと内容を追加して、過去のDLCを含んだ作品は考えずらいし、おそらくは完全新作でしょう。出れば嬉しいけど、スマブラはここんとこプロモーションを長くとってる上に、任天堂の他の作品とも連携しがちだし、出るならすでに発表されてるんじゃないかなぁ。連載コラムを読む限りでは桜井さんはすでに新作に着手しているようではあるのですが。

 とりあえず次の節目はPS5とXboxの次世代機が発表される頃合いで、そのときまでにどれだけ地盤を固めてられるか。AAAソフトは完全にそっちに行くと思うんで、Nintendo Switchには出してもらえなくなる。だから、それ以外のソフトをどれだけ連れてこれるかが鍵になる。逆にいえば、AAAソフトは連れてきてもいつかはいなくなるから連れてきてもしゃあない。

 それ以外だとモンスターハンターワールドがどうなるのかが楽しみ。果たして世界市場を切り拓くのか、据置機で成功できるのか。任天堂ハードで出続けるとしても、モンハンというIPの今後を左右する作品であることは間違いないでしょう。

 そんなとこかな。書き始めると例によって、例の如く長くなりましたが、来年もこんな感じになると思います。

 

 それでは来年もどれだけ続けるのかはわかりませんが、細々と更新していく可能性は高いと思いますので、機会がありましたら読んでやってください。今年は有難うございました。来年も宜しくお願い致します。

*1:そんな疑いをする人はいないと思いますが、私が任天堂(及び関係者)と何か関係があったとか、それが切れたとかではないです。もちろんこのブログがステマだったなんて馬鹿なこともないです。もしこのブログがステマなら、もっとアクセス数を稼ぐ工夫をするはずですし、出来るだけ最低限のアクセスしか来ないようにいろいろ設定することはないと思います(そんな設定してたのかよ

M-1グランプリ2017を観たので、感想を書いてみる

 M-1グランプリが終わりました。優勝はとろサーモン。和牛が決勝の勢いで、そのまま最終決戦に行くかと思いきや、とろサーモンが逆転優勝。

 不服はまったく無いのですが、意外といえば意外。とろサーモンは2本目の方が勢いがあって、和牛は1本目の方が強かったので、差がついたのはそこかなぁと思ったりします。

 とろサーモンの2本目はとろサーモンの漫才を崩して遊ぶ感じと、久保田さんの異様な部分が上手く出ていて、大変に面白かった。正直、1本目を見たときはそこまでと感じたんだけど、2本目は決勝予想に入れたときの感じを受けれたので満足だった。

 

1.さや香

2.ミキ

3.和牛

4.ゆにばーす

5.ジャルジャル

 自分の中での1本目のトップ5はこんな感じ。とろサーモンは2本目が強かったので、2本目なら和牛と同じくらい。ミキは2本目が落ちた印象。

 さや香は今回の大会でいちばん笑った。予想の出ればブレイクするリストに入れてたけど、どーだろうなぁ。いやまぁ、出番順が良かったこともあって、いちばん笑いました。ただネタの構成が単純なんで審査員受けするネタじゃないといえば、そうな気がする。

 ゆにばーすは出番順が残念やったねぇ。ただ、安定して面白かったし、ウケもとれてた。トップ出番はどうしても評価が微妙になりがちだから、そこが違えば、もうちょっと違う展開があったかもなぁ。

 和牛とミキはいうことはないでしょう。和牛は順当に去年からの流れを進化させたし、十分に見応えあった。優勝候補筆頭としての役目を十分にやり遂げたと思う。ただ、2本目が一昨年の感じとミックスしたネタで、そこが足を引っ張った感じも。

 ミキは王道漫才という感じだよね。ああいう漫才があると、流れに芯が通るというか、真っ直ぐに面白い漫才を見たなぁと思える。こういう大会だと、ああいう漫才は強いし。

 ジャルジャルは3回戦の動画で観たのと同じネタだったんだけど、面白かった。ただまぁ、1アイディアで貫き通すネタなんで、そこからの展開がないのがキツいとは思う。動画のときより面白く感じたのは、展開がわかってるから待ちがなかったのが大きいのかなぁ。

 全体的に後半の方が面白かったと思うんだけど、それは実際にそうだったのか、自分のテンションの上がり方でそう感じただけなのかは不明。ただ、明らかにさや香で身体が温まったというか、笑う態勢になったので、そこは関係しているかもしれない。

 もし敗者復活戦を観ていて、そこで笑う態勢が出来ていれば、また違う結果になってたかもなぁ。逆に疲れて、結果が真逆になってた可能性もありそうだけど。

 

 出番順を籤で決めるシステムは有効に機能していたように思います。籤を採用したことで、これまでのM-1にあった敗者復活組が超有利がなくなった形に。当日に籤で決める必要は無いとは思いますが、敗者復活組を有利にしない仕組みは続けて欲しいと思います。

 あと、今回は大会の運営がぐだぐだでしたね。上戸彩さんのとちりは毎度のことで、微笑ましいところもあったんですが、今回は数が多く、どうにもスタッフが足を引っ張ってそうなところもちらほら。

 極め付けは、最後の敗退者コメントのコンビ名間違いの一悶着。あれは今田さんだったから、あんな感じで収まったけど、他の人だとボロボロになった可能性もありそう。あのスタッフは終わってから、こっぴどく怒られるんだろうなぁ。まぁ、仕方ないわな。

 

 来年はどうなるのかな。和牛は来年で決勝が4年目で、さすがにそろそろ新しさがなくなってくるので、割とキツくなりそうな気がする。ミキは古びない漫才をしてるので、そのまま力をつければ、来年か再来年に優勝する可能性は高いかなぁ。

 何はともあれ、優勝したのはとろサーモン。年末は忙しくなると思いますが、面白い漫才をたくさん見せていただけることを期待しております。

漫画やアニメの実写化に関して、思うところを雑談

 鋼の錬金術師が実写映画化されるみたいです。どうやら評判がよくないらしく、ネットでは不評もちらほら。世界観が強い作品だからまともに映画化するのは難しいし、仕方ないよね。

 とか思ったら、まだ公開されてないのかよ。あまりにも駄作確定みたいな話が多くて、てっきりもう劇場公開されてるもんだとばかり思ってた。コンビニにいって、宣伝のポスターをみて公開日付が今週末なのに気付いて、マジでビックリした。

 予告編とかで作品の質はわかる部分はあるとはいえ、この作品に関してはあまりにも公開前に駄作確定みたいな反応が多い気がする。

 別にそう思うのは勝手だけど、作品を鑑賞していない時点*1で、一方的にネガティブな感想を流布させるのはあまりよろしくないんじゃないかなぁ。別に公開されたあとなら何でもいっていいとは思うけどね。

 たぶん他の作品ではここまでの反応を見ないことを考えると、ネットユーザーの雑にネタにしていい枠に何かのきっかけ(おそらく予告編)で入ってしまったんだろうなぁ。FF15とかもそんな感じがあったけれど。

 

 てかね、作品が嫌なら見なきゃいいんだよ。別に映画なんて強制的に観させられるもんでもないし、テレビの力が強い時代でもないからCMも回避しようと思えばいくらでも出来るだし。

 わざわざ騒ぎ立てる理由はないし、騒ぎ立てる方が作品や作り手に対するメリットが大きくなっちゃう。ダメだダメだと騒ぎ立てれば、それだけダメなら逆に観ようとか、観て話のネタにしようとか考える輩は出てくるわけで。実写化作品に限らず、嫌なら無視が正解。

 自分は漫画やアニメの世界をそのまま実写化したような作品は基本的には観ないしなぁ。何本かDVDを借りたときに、ダメでもネタにできる安牌として借りるくらいで。原作を元にして、監督の世界観を取り入れた作品なら映画館でも観ようと思うけれど。

 

 そんなたまに見る中でも、実写化作品は質が高くなってきたなぁと思いながら見てるけどなぁ。昔なんてイコール大ハズレの印象だったけど、デスノートのあたりから作品をそのまま実写化する方法論が確立された感じがあって、割と大ハズレは少なくなってきた印象がある。

 何故か実写化=駄作みたいな意見は多いけど、いまはそんなことはないんじゃないかなぁ。最近で大ハズレだったのって、進撃の巨人くらいなんじゃないの。全部駄作みたいな反応もよく見るけど、今年のNo.1ヒットが劇場版銀魂な時点で、それは完全な嘘だよね。実際、評判がいいみたいだし。

 それでも駄作は多いなんて話もあるだろうけど、日本映画なんてそんなもんじゃないの。ハリウッド映画みたいに打率はそんなに高くないよ。金も人も無いんだし、そこは仕方なかろう。

 

 よく実写映画化が発表された時点で阿鼻叫喚になって、映画会社を批判してる人がいるけど、別にキャストがダメとか、スタッフがダメとか、企画がダメとか、そういうので映画会社を批判するのはわかる。ただ、実写化の企画を立てること自体がダメで映画会社を批判は行き過ぎじゃないか。

 どういう例外も無しで実写化はダメというなら、まず批判は実写化を許可した原作者とか出版社に文句をいうべきだと思う。彼らが許可を出さなければ企画も動き出さないわけだし、実写化が絶対に嫌なら彼らに実写化させないでくださいとお願いするのが筋で、映画会社に企画を立てるなと批判するのは違うだろう。

 表現の自由の観点からみても、企画を立てる権利は残しておくべきで、表現の可能性を根本から潰そうとするのは許容できない。

 特に荒川弘さんとか、荒木飛呂彦さんとか、すでにキャリアも、実績も、収入もある人の作品だと特にそう思う。まだまだ売り出し中の若手漫画家さんの初めてのヒット作だったりした場合は、漫画家さんが弱い立場にいる可能性があるから、まだわからんでもないけどね。

 

 実写化する作品は原作をそのまま映画化すべきで、変更を加えるべきじゃないって話もよく見るけど、本当にそうかなぁとか思う。

 漫画と映画は表現方法が異なるし、次元も違う。そのままやったって、面白くなるわけがない。それでもやるなら漫画に近づけるか、映画に近づけるかしないといけない。漫画に近づけるなら、コスプレみたいになって、現実にはあり得ない格好もするようになる。

 いちばんいいのは孤独のグルメみたいに原作の肝だけを取り出して、残りはオリジナルでつくることだよなぁ。作品が複雑になればなるほどに、何が肝かを見極めるのは難しくなるだろうけど。漫画そのままの実写化をするのであれば、漫画を読めばいいよねぇ。

 まぁ、コスプレみたいに漫画に近づけて実写化するのは、できるだけ反発を防ぐ一つのテクニックではあるのだろうけども。

 

 念の為に書いておくけど、漫画の実写化に際して映画会社を批判するなとはいってないからね。作品が一般公開されたのであれば何をいっても構わないと思うし、キャストや予告編などの発表された範囲内であればどんどん批判すればいい。

 ただ、なんでもかんでも映画会社が悪いといって作品を企画することすら禁止しようとしたり、劇場公開がまだなのに、作品に駄作のレッテルを貼るのはよくないと思うだけ。

 

 漫画の実写化がこれだけ話題になるのは、何故か実写化作品はダメという共通理解があるからだろうなぁ。どこからそれが出ているのかわからんけど。昔の印象に引きづられてるのか、進撃の巨人みたいな大ハズレのインパクトが大きいのか。

 実写化に関して、ハリウッドはあれだけ成功してるのに日本はダメだみたいな話もあるけど、資金や人員的なところを除いても、アメコミは日本の漫画と違うところがたくさんあるから、その辺が成功の理由なんじゃないかなぁ。詳しくないからあまり語れないけれども、漫画と同じに語るといろいろ落とし穴がありそう。

 

 何はともあれ嫌なら観るな、観てないなら語るなは徹底したいところだなぁ。作品に対する最低限の礼儀は嫌いな作品に現れると思うし、作品を語りたいのであれば、その辺は意識していきたいところです。

 

*1:例え、試写会などで鑑賞していたとしても、一般公開前にネタみたいな形でネガティブな評判を流布するのはどうかと思う。

12月になりそうなのと、人気のゲームの動画を観たので雑談_20171128

 スマホどうぶつの森が配信されましたね。スマホゲームも、どうぶつの森も続いたことがないのでやる気はないのですが、いつも通りに大筋では評判がいいながら、文句をいう人が多いってのを生温かい目で見てます。

 

 英国のゲームオブザイヤーが発表されたとかで、見事にゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドが栄冠に*1。前評判からすれば、受賞可能性は高かったとはいえよかったよかった。

 ただ、今年はゼルダとマリオとペルソナ5が同時エントリーになったのはもったいなかったなぁ。ペルソナ5も是非とも栄冠を獲得して欲しかった。

 

 横スクロールアクションのCupheadが人気のようで。古いアニメーションのような絵柄で、高難易度のアクションゲーム。いまのところXbox oneとPCのみで配信なので、遊べてません。

 面白そうではあるんだけど、横スクロールで革新的な絵柄で評価を浴びてるのを見ると、どうして任天堂にこれが出来ないんだろうと思ってしまう。

 まぁ、高難易度のゲームを出すのが難しいのはわかるけど、あれだけ横スクロールアクションを出してて、見た目からして似たり寄ったりになってるのをみると、どうしてもそう思ってしまうよなぁ。

 旧いものを大事にするのは大事だけど、反面、革新的なものを見たいという気持ちもあるわけで、できればCupheadみたいなゲームが他社から出たことを任天堂にはいい刺激にして欲しいなぁ。

 現状の横スクロールアクションがそこまで市場に求められていないのはWiiU時代に明らかになったわけで、それでも続けるのであれば新しく需要を掘り起こせるような革新的な作品がみたいもんです。

 

 先程、話題のPUBGの動画を初めて見ました。なるほど、これは人気が出るのもわかります。あの手のゲームをやったことない私も面白そうと思いましたもん。

 おそらくPUBGは探索と、その結果での戦闘の二段構えなんでしょう。始めに武器を探す探索の楽しさがある。どんな武器を見つけられるかは運だけど、何処にあるかや、どう安全に探すかにはテクニック。

 そんでもって戦闘は完全にテクニックだけど、その前提となる探索の結果が勝利を左右する。強い武器や使いやすい武器をとっていれば勝率が上がる。ある程度テクニックがあっても、ショボい武器だと勝てない。

 要するにテクニックと運のバランスが非常にいいゲームなんだと思う。一見、何処に降りて、どんな武器を手に入れるかですべてが決まるようにも思えるし、それが正しい部分もある。

 だからこそ、それをテクニックでねじ伏せるのが楽しいし、十分に可能。なおかつ、ゲームシステム上、テクニックがある程度高くないと最後まで勝てない。

 そんな感じなんじゃないかなぁ。実際にプレイしたわけではないし、そんなに動画を見たわけではないので、どこまであってるか間違ってるかはわからない。ただまぁ、人気出るのもわかる。

 こういうゲームって、運の要素が大事で、運の要素が高ければ、負けたときに運が悪かったからだと思えるから楽なんだよねぇ。

 PUBGの場合、敵の人数も多いし、マップも広いし、ランダム性も高い。運の要素が高ければ、初心者も参戦しやすいし、ドン勝を目指さなければ、割と楽に楽しめそうでもある。負けたときに楽しいと思えるかどうかって、かなり大事。

 ただまぁ、惜しむらくはこれがなんで日本から出なかった。市場が向いてないのはわかるけど、企画がバトルロワイヤルそのままで、作った人もそれを公言しているらしいわけで、いくらでも日本でつくれる可能性があったんじゃないかと思っちゃうなぁ。いや、惜しい。

 かなり長くなっちゃったけど、動画を見ただけの、しかもそんなにちゃんと見たわけではないソフトの感想を単独記事で書くわけにはいかないので、とりあえずここに書いてみた。

 

 先日、マリオオデッセイを最初からやり直してたら、知らぬ間に21時とかになっててビックリした。やっぱりさくさくスターが獲得出来すぎるという評価は変わらないけれど、やっぱりここまで熱中出来るということは楽しいんだなぁと思った。

 

 今後の予定は、次のニンテンドーダイレクトが出る前に今年の振り返りと来年の展望記事を書きたいのと、DLCに関して思うことまとめみたいな記事、あとは漫画の実写化について思うところをまとめた記事を書く予定。あくまで予定。

 今週末にはゼノブレイド2が出るので、週末はそれに費やします。さすがにゼノブレイド2は1日でクリアすることはないだろ。心配はしてないけど、期待を超える作品であることを期待して楽しみに待ちます。